読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOCK観劇レポ ネタバレ注意

1449回感想。
めざましテレビでSHOCKの舞台裏の様子を視聴して、
開演前SHOCK展を拝見した。
だから今日はどうしても書き残したくなった。


菱形の隙間からコウイチさんが登場する前、
めざましテレビで映った開演前舞台裏の、
光一さんが胸元に拳をあててそれを自らの掌で包む姿が思い起こされて心臓がギュッとされた気がした。
俺、今日乗り切れるかな。
なんて思ってるなんて思ってなかった。
そう思ったら、こちらもその強い想いを受け取るため、ある種の覚悟が必要なのだと思えた。
なんとなく分かってた気がしたが、開演前から真剣に覚悟を決めたのは個人的には初めてだったかもしれない。
取り留めもなく思い出した順に書くのでただのメモ状態で読みづらいですがよければおつきあいください。


オーナーの
「走り続けることの意味とはなんでしょう」

ニューホラ手拍子あった。
大階段は下を見ずに降りるのに脚立降りる時はステップ見ながら慎重なの可愛いらし。
オーナーとの歌、ラストフレーズだけがやけに声量がオーナーに負けている。うたいづらいとこなのか演出なのか毎回な気がする。

コウイチとヤラの二人がやいやい言ってる間も周りはがやがや会話しててリアル。
コウイチはリカたちと笑顔でなに話してるのかちょっと気になる。
カイトの頬を両手で挟んで顔近づける、脚立上のヤラさん。
コウイチはける。
フクダ「片付けはしよーぜ」一本指立ててコウイチのちょっと背中おいかける。
観劇者の声代弁してるかんじw
リカに見向きもされずブンちゃんにクレームつけるヤラ。
リカ役テラニシさん、
右のお尻を突き出して右手で自らなでなで。
上着半分脱ぐだけでなく進化した(o^^o)
ヤラ、オーナーから逃げる時下手袖でつまづいてコケて(床には着いてない)
「お、いって!」
とおっしゃってた。

屋上。
流星見て目をキラキラさせて祈るリカの表情、感情が強く伝わってきて好き。
ここのコウイチは笑顔も光輝いていて眩しく、後光すら見える気がする。
リカに気づいた時のコウイチが目を見開く演技が好きで毎度双眼鏡でロックオンポイント!
リカが歌う時はじめコウイチをまったく見ず、あなたと歌われてリカをコウイチが見てもリカが見ないのがなんか一途にコウイチを思ってる感じでいい。
ヤラとマツの身長差すごすぎて、微笑ましい。
朝はやめようぜの後、フクダに寄ってくがオーナーの「ね、コーイチ」のインサート早めでちょっかいだせず。
フクダ「シェークスピアのえんがわがうめーんだよな」
?????なんておっしゃった???分からんかった☆
コウイチも分からなかった模様で笑ってらした。
コウイチ「ハムレットとかリチャード三世とかそーゆーの説明してきます」
この後のオーナーの演技が、カード出せたり出せなかったり、やだちょっとワタシ(私?渡し?)とか毎度ちょっと違うのがいい。

ヤラ「ねえちょっとリカ」
今日はリカだった。
リカ、ちゃん
っていう時もあって今日は男らしいなぁとか、リカって言って、ちゃんってつけくわえてるの純情でかわいいなぁとか思う。

街のシーン好きだなぁ。
キランっ
って音が魔法かけるみたいに鳴って街中が動き出すみたいな演出ワクワクする。
両腕を上げてムーンウォークするみたいな振り付けも好き。
ここでは動きも見たいのにコウイチのFとthの発音する時の唇が好きすぎて口元から目が離せない……なんかごめんなさい……。
袖ではなく下手ステージからみなさん合流。
ピコたろだな。
リカのペン指す仕草に私はキュンとする!
リカ「私!?」
の後、コウイチがイケイケ、っておっしゃってた時もあったり手だけで促したり。リカとの距離が親しい感じがしてほっこりする。
ここで後ろで踊るコウイチの笑顔や、ヤラがやらかした時にあーあ、ってするお顔の可愛いさったらない……。コウイチが素で楽しそうで好きなシーン。
ここで上手くいかず、ブンちゃんに「おいっ」というヤラさん。
新しく加わったチームUSAの方の美脚と胸元のタトゥー?ガン見シーン。コウイチさんの肩位に口元が行くので全然ほっぺにキスっぽくないけどやけにコウイチさんが無邪気に嬉しそうなところ。
新聞をリカの膝におくとこ、男らしい雑さで渡すからなんか、コウイチにとってリカのことは妹みたいな存在のかなーって思うとこ。
ベンチから吹っ飛ばしてまでコウイチに寄ってくリカがいじらしくて可愛いからなんだかちょっと切ない。

ヤラ「俺にとって」
といいつつ、俺たちにとってチャンスと言い直すことの意味。
想像するしかないけど、俺は俺のやり方で。に繋がるのかな。やってきたかったのにうまくいかないもんだね。
オーナー「探したわよー」
の前にちゃんと1回通り過ぎるとか演技が細かくてさすが(てか今年初めて気づいた……←)
コウイチのタンクトップの隙間から脇見えラッキースケベタイムだなんて誰も言ってな←
「オンの先に何があるのか」
コウイチとその腹心フクダだけオンを躊躇った。
リカ「コウイチがいないと始まらないでしょ」
ヤラ「お前は黙ってろよっ」
決定的に亀裂が入った瞬間。
コウイチ「気を付けろよ」
やだ、「を」を甘噛みしたわよ、コウイチさん可愛い(*´Δ`*)
余談ですが赤ジャケのほつれてるとこお尻の真ん中にきてすっごい気になる。むしょーにそれをちょんぎりたい(°ω°)
フクダ去り際コウイチとアイコンタクト。
フクダはコウイチの気持ち分かってるんだな、ってなるとこ。
オーナーと二人になって、
コウイチ「俺たちのためになるなら俺も行きます」
オーナー「周りが見えなくなったらおしまいよ」
予言するような重厚なトーンでいうところ。オーナー魅せ場。
ゆっくり去るコウイチを追うピンが暗くなりかけるとコウイチが着替えのために早足で捌けるのが可愛い(*´Δ`*)

ブロードウェイ。
ショーのとこ、急に坊ちゃん刈り感が出る。
蝶ネクタイと正装のせいかな?
いやサスペンダーかな。
ペンギンみたいな振りをする時のフクダの表情が可愛い。

ジャングル。
手を伸ばした姿勢のまま、持ち上げられる時の腕のプルプル耐えてる感(力入ってる)がときめく。
下乳までしっかりあるおっぱいはもちろん、シックスパックもすごいけど、
なにより外腹斜筋の凄さと、元々細い腰が奏でるクビレがすごい……。
二人でなにかする時、フライングとか全編通して力使いまくるコウイチさんにかわり、力仕事大変な役目(例えばリカを持ちあげて回すとか)をヤラさんが担うところがいちいち惚れる。
このシーンはずっと暗いのに後半ファイヤーの光で明るくなってコウイチのボディ眺め放題チャンスタイムがくるのがほんとにグッジョブ。
コウイチ、ステッキといいこの火のついた棒といい棒の扱いの華麗さにはひれ伏す。
煙の中から出てきて、フライング。
降りる時早めに足外して手首だけになるの、だ、大丈夫なの!?手首痛くない??その布っぽい緑の紐やけにやらかそうだけど大丈夫なの?と毎度モンペになる。
でもここ、フライング中伸ばした指の先まで綺麗で好きだ……。はだけたお腹おがみたいのに、指先ガン見シーン。

カイト、目の強さがいい。
ダンスも正確に踊ってる感じ。
1人袖なし服なせいか、腕の筋とか男らしいとこが見える。
ブンちゃんはやや後ろ取りなのかな?(なんとなくの感想ですすみません)声が低めでいい声。
後ろのGロケさんのプァフォすげー。
目が足りん。
ピンスポに向かって歩いてくるコウイチ。いい!
ソリタリ。
ここはリカに目が奪われる。ミヤビちゃんのリカちゃんはとっても好き。うっかり恋しそーなくらいリカが魅力的な強い女の目で好き。赤手袋の指先の繊細さも、細い手足の華奢な感じも、目線一つで強くて色気のある女の人になってる。
とはいえコウイチさんもガン見なわけで。
身体でウエーブする時の腰周りとかシャツのボタンが三つ目まであいてるとことか感謝しながら拝んでいる。
リカの手を力強く引いてからリカの両肩に手をおくの、しょーまっそだ、俺を信じて続けるんだ、って強い気持ち見えていい。
トランペットが挟まってくるのもいい。
急に集団行動のパフォ?(マーチング?)みたいな感じになる。

ぐー。
おばちゃんフランスから。
「ソンレトワエ」??
(トイレはどこですか)
そこ、と指さすコウイチ。
楽屋のおばちゃん「メルシー」
マツ「1幕の終わり暗すぎないか」
毎度謎の違和感。
個人的に解決。
マツってちょっとアニメ声?(決してディスってません)
バラは散ったのよ。
バラはゲンゲンにあげた。
ゲンゲンは籠の上においた。
今日はドリンク多めに入ってた。200から250CCは飲んだ。
「その前に分かれっていってんだよっ」
と言われた時のヤラの表情……。
ブン「おい、ヤラっ」
ととめようとする。
手をさしのべようとするフクダ。
フクダ「まだ開けて半年しか」「そんな簡単にクローズできるわけないだろ」「よしみんなスタンバイしよ」
フクダの役割がよく出てるとこ。
ブンちゃんがカイトを呼ぶ。
リカ「なにがあってもコウイチについていくから」
告白のような台詞が矢継ぎ早に続く。段々間が詰まってる気がする。畳み掛ける感じが必死でいい。
リカの気持ちに返事をしないコウイチ。
「舞台のために~」
ちょっと声ひっくり返ったな。に、が、ひ、だったからかなり力入ったんだな。
ヤラ「お前だけがいつも、」
コウイチ「時は止められない、
立ち止まるとそこで終わりが来てしまう」
同じ方向を見てるはずなのに方法が違ってすれ違う。
刀を投げ捨ててくヤラに、この後が予感できるようなシーン。
コウイチが拾いにいくがオーナーの声で振り返る。その時の表情たまらない。
コウイチ「たちどまれっていうんですかっ!」
なにかにおいかけられるように進むことだけを選ぶコウイチ。
「俺はここ(オン)がゴールだなんて思ってません」
泣きそうな震え声。
「それであいつらがもっと先を目指してやる。
そ〜思ってくれるなら」
自分だけの為ではない。
背中でみんなを引っ張っ
ている。
「オンの先になにがあるのか」
キーとなる言葉。
オーナー「あなたにはまだ仲間がいる。それだけは忘れないで」
両腕を掴むオーナー。
ああ、オーナー。今日のコウイチは、昨日より、痩せてますか……?←心配
コウイチが刀を持ってたって舞台まわってはけてく。
色んな思いがあるのだろうが、これから使うとはいえ、刀を掴んでることが意味深い。

和。横笛がとても効いてる(笛と鈴は音あててますね)
行列する女たちが描かれた屏風。どんどん切り捨てられて行く中Gロケさん戦う。
無言で舞台につく足音ばかりが響くのがなんか好き。
獅子神さま舞台に上がってすぐ客席見渡すの好き。ちゃんとお顔見せてくれる配慮。
切られても切られても生き返り(違う)援軍来て対立姿勢のとこのフクダとマツのかっこよさ😳
コウイチの細腰ですら甲冑きるとあんなに太くなるのに、脇は軽量と暑さ対策なのかメッシュなのキュン。
太鼓の音がする中でコウイチとヤラ二人の戦いのシーン。影もまわっててオシャレ。カネも鳴っていいアクセント。
ブンちゃんが上手いのか、マツのヤリ?の回し方のぎこちなさが愛しい。
Gロケさんがもってくれる旗をコウイチとヤラがそれぞれくぐる所、
行くぞ!
って感じでかっこいいし、コウイチがたまに頭に旗当たらないよう首曲げるの可愛い。
(力尽きた)